10月8日(希望郷

 

岩手国体 陸上2日目

 

ALL山梨・大将 野澤啓佑

 

400mH決勝で不覚。

成年男子 400mH決勝

 

④野澤啓佑(ミズノ)50.57

 

リオ五輪選手が、相次いで欠場した

 

今大会。我らが野澤は、走りました。

 

オリンピック後、全日本実業団を制し

 

臨んだ国体。疲れは、あっただろう。

 

しかし、周囲には、訴えていない。

最終ハードルはトップで越えたが、

 

ゴールは遠かった。

 

「広げよう 感動。伝えよう 感謝。」

 

岩手国体の精神を、彼は示した。

少年女子B 100m予選3組

 

⑤山口華枝(駿台甲府1)12.52

 

(+0.2 雨 気温15°以下)

 

➡プラス4で準決勝進出

少年女子共通 棒高跳

 

18位 渡邊野乃(富士北稜3)3m20

 

3m00、続く3m10を1回で成功。

 

ベスト更新となる3m30に挑むが失敗。

少年男子B 100m予選4組

 

⑥珊瑚龍之介(南部中3)11.34

 

(+0.5)

 

国体陸上選手団唯一の中学生。

成年男子 100m予選4組

 

⑥深澤拓己(国士舘大2)10.90

 

(+0.6)

少年女子B 100m準決勝2組

 

⑦山口華枝(駿台甲府1)12.53

 

(+0.9)※3レーン

少年男子A 走幅跳

 

12位 横森友朗(韮崎3)6m87

 

(+0.4)第1回の跳躍後、異変か⁉

 

2・3回目を棄権した。

10月7日(みせろ!山梨

 

県勢 表彰台 第1号

 

アッパレ 山口華枝

少年女子B 走幅跳

 

⑤山口華枝(駿台甲府1)5m83

 

(+0.6)

 

5m92の県高校記録保持者。

 

絶賛に値する5位入賞にも、

 

本人は悔しさをにじませた。

 

ここ「みちのく」で、飛躍を誓う。

100mのベストを12.37まで

 

伸ばし、助走力が向上した。

 

それに伴い、助走を17歩から

 

19歩にチャレンジ中。

 

「コンスタントに5m90台。目下の

 

 課題は、着地です」

 

次回アタックは、今月21日の

 

日本ユース選手権。

10月7日(伝えよう感謝

 

岩手国体 陸上初日

 

「山梨はひとつ」

少年男子共通 円盤投

 

12位 前田匡蔵(山梨学院2)

 

43m74

少年男子A 100m予選6組

 

⑦佐野航平(身延3)10.90

 

(+0.4)

少年男子A 400mH予選3組

 

⑤山本 武(巨摩3)53.84

成年男子 走幅跳

 

19位 二宮聡史(都留文科大)

 

7m36(+2.1)

少年女子共通 1500m予選2組

 

⑤小笠原朱里(山梨学院1)

 

4:27.89➡決勝進出

成年男子 400mH予選3組

 

②野澤啓佑(ミズノ)51.41

 

➡決勝進出

初日、県勢最終登場の野澤。

 

ALLでの応援。

10月7日(広げよう感動

 

中田舞花(身延2)

 

「みちのくダッシュ」

 

県高校新記録樹立!

少年女子A 100m 予選1組

 

③中田舞花 12.00(+1.5)

 

※4レーンのダッシュです。

 

自らの持つ県高校記録12.04を、

 

みちのく更新する。

 

陸上県勢のトップ登場での快挙、

 

意気上がるオール山梨。

13:30 準決勝に臨む中田。

 

※3組 6レーン

③中田舞花 12.01(+1.7)

 

予選に続き、県高校新の連発です。

 

3組2着+2が、決勝進出条件でした。

 

+2で決勝に進んだのは、

 

+5.4mの追い風レースとなった、

 

1組からの2名。

 

無念ですが、ここ「みちのく」で、

 

県高校陸上NEWステージの開幕を

 

見ました。おめでとうございます。

 

10月7日(金)

 

いわて国体 速報 15:00

少年女子B 走幅跳 決勝

 

山口華枝(駿台甲府1)

 

✿5位入賞 5m83(+0.6)

 

少年女子A 100m 準決勝

 

中田舞花(身延2)

 

12秒01(+1.7)3位

 

決勝進出ならずも予選で

 

12秒00(+1.5)の

 

県高校新記録樹立!

 

9月28日(武者震い

 

行くぞ マイル男子

 

➡「続 2日目」

9月27日(渾身

 

最終盤(女子200決勝から)

 

➡「続 2日目」

最終種目 男子マイル

 

甲府工業の抱擁。

9月26日(Kiss&Cry

 

クライマックスまで

 

➡「2日目」

さあ行こう、女子マイル

いざ参る、男子マイル。

9月25日(目をかけ手をかけ

 

2日目「群像」

 

➡「2日目」

大久保風(甲府昭和2)

 

400mH決勝レース後、

 

PB⑤入賞報告。

 

前主将 宮下滉平(3)の抱擁。

 

ガッチリ受け止めた。

9月24日(その先へ

 

1日目終盤

 

➡「続々 1日目」

「陸上が 面白くて たまんない人は

 

 手を上げろ」

9月24日(扉を開ける

「一花咲かす 山梨高」

 

二花咲かせた角屋朝(2)

 

円盤投と三段。そして、岩手国体。

 

三段跳びの活躍です。

「雨中のW 身延のイチ・ニ」

 

レース後のゼッケンはずし。

 

左:①市川夏生 右:②山本菜緒

「雲外蒼天の意外小傘」

 

前田匡蔵(山梨学院2)円盤連覇。

 

ハリキッテ行こう!岩手へ。

「破顔一笑 駿台4継」

 

前々回の同校の大会記録を撃破。

 

主将+1年3人、左から、

 

1走:若杉彩乃(1)

 

2走:山口華枝(1)

 

3走:今村令那(2 主将)

 

4走:岩浅優花(1)

 

県高校記録47.66に照準を。

K

 

都留都留興譲館の、

 

スタンド・パフォーマンスです。

 

バックスタンド名物です。

9月23日(長雨

 

高校新人陸上 「群像」

 

➡「続 1日目」

「髪(神)ってる巨摩」

 

女子100mH予選後の反省会。

「野に薫る 花鈴蘭 韮崎」

 

㊗女子400m決勝1・2フィニッシュ

9月22日(走れ

 

高校新人陸上 「群像」

 

➡「1日目」

「巨摩陸拳」

 

女子走幅跳ピット脇スタンドにて。

 

川崎里奈(1)の関東決め最終跳躍に。

 

石川幸歩(3/前 女子主将)と

 

山本 武(3/国体400mH)、

 

コブシを突きあげ祝福。

9月21日(校威高揚

 

高校新人陸上 最終マイル

 

祭りだワッショイ

女子①駿台甲府 3:58.38

 

4走 岩浅優花(1)Go Go

男子①駿台甲府 3:24.73

 

4走 コーカン パピー(2) Go Go

9月21日(ツナグ夢

 

高校新人陸上 続きます。

 

2日目Winner

 

➡「2016県高校新人陸上」

女子総合4位、身延が伸びた。

 

主軸2年は5名。個人タイトル奪取5は、

 

女子最多。全員関東の敢闘をみせた。

9月21日(ここから

 

県高校新人陸上

 

各種目Winner

 

➡「2016県高校新人陸上」

男子3000mSC決勝

 

最初の水濠を越える先頭グループ。

9月20日(歴史刻む快走

 

県高校新人陸上「収穫の100」

中田舞花(身延2)

 

①12.04(+0.5)

 

🏆県高校タイ記録 🏆大会新記録

 

18日15:30、

 

PrincessからQueenに!

田中拓海(駿台甲府2)

 

①10.78(+0.5)

 

🏆大会新記録

 

18日15:35、

 

伝説の第1章の幕開け、拓く!

9月19日(月・祝)

 

第62回県高校陸上新人大会

 

2日目 中銀スタジアム

 

 

結果表

2016県高校新人陸上・結果表.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 493.6 KB

学校対抗 男子

 

総合優勝 巨摩 115点

 

2年ぶり18回目

 

学校対抗 女子

 

総合優勝 韮崎 99

 

15年ぶり7回目

 

9月18日(日)

 

第62回県高校陸上新人大会

 

初日 中銀スタジアム

 

 

結果表 

2016高校新人陸上・初日・結果表.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 186.2 KB

女子100m 決勝

 

中田舞花(身延2)

 

12秒04(+0.5m)

 

県高校タイ記録・大会新記録 樹立!

 

男子100m 決勝

 

田中拓海(駿台甲府2)

 

10秒78(+0.5m)

 

大会新記録

 

女子4×100mR 決勝

 

駿台甲府

 

48秒63 大会新記録

 

①若杉彩乃(1)

 

②山口華枝(1)

 

③今村令那(2)

 

④岩浅優花(1)

 

女子100mH 決勝

 

三吉南緒(巨摩1)

 

14秒39(+1.3m)

 

大会新記録

 

巨摩でワン・ツー・スリー!

 

左/2位・名執奏波(2)

 

右/3位・赤沢広美(2)

 

男子円盤投 決勝

 

前田匡蔵(山梨学院2)

 

41m84

 

大会新記録

 

 

リンク集