私たちは山梨のスポーツを応援します。

 

 

 

 

      八ヶ岳パイ工房

 

10月3日(Memories

 

県高校新人 📷flash

 

➡「高校新人⑥」

大会第2日目

 

男子200mタイムレース

 

全体②入月誠ノ介(韮崎2)

 

雨と逆風にも、魂の追い込みを

 

見せてくれました。

10月2日(とちぎ国体

 

県勢、新ユニフォーム

 

三年振りの国体へ、いざ‼

ユニフォーム一新

 

陸上の県代表へ、新ユニフォームの

 

授与が、10月1日午後、山梨学院大学

 

カレッジスポーツセンターで実施された。

 

※レーシングスーツ、ジャージと

 

ウインドブレーカー、全て10年以上、

 

デザイン変更はなかった。

 

3年振りの国体に臨む関係者の計らい。

 

出陣です。

 

国体陸上は、宇都宮市で6日開幕する。

 

ウインドブレーカーのモデルは、

 

金丸滉佑(身延高3/300mH)

 

ジャージは、

 

岩間彩芽(駿台甲府高1/リレー)

 

ありがとうございました。

 

※なお、以前より若干の細身仕様

 

とのこと。

オリンピアンによるアドバイス

 

初めて国体参加の高校生。

 

出場選手でもある野澤啓佑さん

 

(山梨学院大特任講師/ミズノ

 

アスレティック)からジャージの

 

カッコイイ見せ方の指導をうけた。

そこで、ジャージ晴れ着です。

 

左から、

 

平山果歩(甲府南高1)

 

岩間彩芽(駿台甲府高1)

 

奥村 陽(山梨学院高1)

 

村松璃香(山梨学院高2)

 

野澤効果、出ています‼

2XLでもキツイ

 

サイズ調整で難航したのは、

 

投てき班。何回もメーカーサイドと

 

フィッテングを繰り返しました。

 

ハンマーの、朴 承韓(甲府東高3)

 

です。

ゲットだぜ‼

 

監督以下、スタッフシューズです。

投てき一家の決意表明

 

国体番外編ですが、

 

投てき班の、秋の新作ポロです。

 

T-シャツもあります。

 

「Dead or Throw」

 

怖いですね。

9月29日(Memories

 

県高校新人 📷flash

 

➡「高校新人⑤」

大会第2日目

 

女子800mタイムレース最終組

 

8レーンは、全体④塩澤はな(巨摩2)

9月28日(Memories

 

県高校新人 📷flash

 

➡「高校新人④」

甲府南 400mHアベックV

 

男子梶山佑生(2年)54秒31

 

女子有泉咲希(2年)1分06秒50

 

400mHも南校‼

9月26日(Memories

 

県高校新人 📷flash

 

➡「高校新人③」

甲府南 三段跳アベックV

 

男子梶山佑生(2年)

 

 14m66(+0.1)

 

女子平山果歩(1年)

 

 11m63(+0.8)

 

圧勝の南でした‼

9月25日(Memories

 

県高校新人 📷flash

 

➡「高校新人②」

上野原 円盤投アベック優勝

 

男子亀井 翔(2年)40m44

 

女子尾形葵衣(2年)26m57

 

上野原、誇りのサークルです。

9月24日(Memories

 

県高校新人 📷flash

 

➡「2022高校新人」

表彰台独占

 

女子ハンマー投決勝

 

岩本奏音(身延1/左)

 

 30m29

 

吉中ひかり(身延2/右2)

 

 28m74

 

山本ゆう(身延2/右)

 

 27m45

 

お家芸のハンマーですね。

 

小林浩昭監督とサークル記念。

9月23日(翔び立て

 

県高校新人

 

 【女子個人2冠者

女子400m決勝

 

小池琉南(甲府南2)

 

 1分00秒53

女子800m決勝

 

 (タイムレース)

 

小池琉南(甲府南2)

 

 2分22秒27

 

第一人者、危なげなく2冠達成

 

400、800ともに2位は甲府南、

 

印象的でした。

最終種目 マイルリレーもV

 

甲府南 4分11秒29

 

4走で、有終の美を飾る。

女子総合優勝を勝ち取った甲府南

 

マイルメンバーの安堵の笑み

 

(4継もこの4人で2位でした)

 

左から、

 

有泉咲希(2年 3走)

 

杉井咲心(2年 2走)

 

1走で、前半からぶっ飛ばした

 

平山果歩(1年)は、まだ顔をあげる事が

 

できません。

 

そして、小池です。

女子三段跳決勝

 

平山果歩(甲府南1)

 

 11m63(+0.8)

 

※写真は、6回目11m40(-1.8)

 

の跳躍

女子走幅跳決勝

 

平山果歩(甲府南1)

 

 5m22(+1.5)

 

1年ピット女王の誕生です。

 

腰高でブレない三段跳、勝負強かった

 

幅跳。栃木国体へ跳びます‼

マイルリレー1走として

 

飛ばしに飛ばした前半200m。

 

その時点で、勝負あり‼

 

有終を飾るマイル優勝に貢献

 

しました。合算3冠達成

女子1500決勝

 

西本佑菜(山梨学院1)

 

 4分46秒54

 

総体800mで鮮烈デビューを

 

飾った西本。距離を伸ばして、

 

今大会は1500と3000に

 

エントリー。レーススタイルは

 

不変の先行。

女子3000m決勝

 

西本佑菜(山梨学院1)

 

 10分22秒38

 

長距離2冠達成

 

マイルも、このレースシューズで

 

力走しました。

9月22日(ギフト

 

県高校新人

 

1年 清水(駿台甲府)

 

短距離2冠、4継とマイルも‼

男子100m決勝

 

清水陽翔(駿台甲府1/右2

 

                           八田中出身)

 

 10秒87(-0.1)

 

※50m付近 清水が出てくる

※70m付近

予選2組①10秒93(+0.6)

 

準決1組①10秒92(+0.3)

 

10秒台を3本揃えて、決勝は

 

自己ベストでV1

男子4×100mR決勝

 

駿台甲府 41秒35 GR

 

2走で大会新記録樹立に貢献。

 

3走 保坂と公式記録発表を待つ。

 

これでV2

大会第2日目

 

男子200m決勝(タイムレース)

 

清水陽翔(駿台甲府1)

 

 22秒60(-2.4/雨)

 

※150m過ぎ、入月(韮崎2)との

 

接戦

※斜め後方からのゴールシーン

 

①清水 22秒60

 

②入月 22秒65

 

③保坂 22秒98

 

雨のV3

フィナーレはマイル

 

男子4×400mR決勝

 

  (タイムレース)

 

駿台甲府 3分24秒15

 

3走として出走。追う展開に冷静に

 

対処、首位を奪取し帰還する。

 

清水陽翔(ハルト)力強く進んで

 

V4‼ハルトはギフトですね。

9月21日(栄光の新人戦

 

県高校新人

 

【連覇】【2冠】

 

【アベックV】【表彰台独占】

男子円盤投決勝

 

亀井 翔(上野原2)

 

 40m44 ★★2連覇

 

※昨年新人戦①34m98

 

写真は6回目、惜しくも右に

 

20cmほどoutしたが、

 

42mは越えていた。

男子三段跳決勝(第1日目)

 

梶山佑生(甲府南2)

 

 14m66(+0.1)

 

※今年度南関東3位相当‼

 

盟友・長谷川湧汰(甲府南2/

 

②13m97(-0.6)/南関東

 

7位入賞)を押さえ大幅自己新

 

で戴冠。

 

男子400mH決勝(第2日目)

 

梶山佑生(甲府南2)

 

 54秒31

 

👑👑2冠達成‼

9月21日(三の糸

 

県高校新人 第2日目

 

 圧巻‼ 男子800m決勝

男子800m決勝

 

(台風考慮、タイムレースで実施)

 

村田 然(韮崎2/御坂中出身/

 

           写真中央)

 

 1分55秒87 🏆大会新記録

 

※従来 1分56秒84(2019年)

 

渡邉空羅(笛吹2/一宮中/左)

 

 1分56秒19 🏆大会新記録

 

雨宮優悟(甲府東2/浅川中/右)

 

 1分56秒38 🏆大会新記録

 

表彰台3名全員が大会新記録‼

 

ラスト50m、先頭が二転三転する

 

激熱レースでした。

 

雨宮がレースをけん引、それを渡邉が

 

ピッタリマーク、3番手で村田。

 

最後の直線、スプリント勝負。

 

余力爆発の村田が新人タイトル奪取‼

 

御坂・一宮・浅川中出身の3人、

 

「総体で勝負だ」

 

決意新たに表彰台を後にした。

9月20日(出てきた‼

 

第68回 県高校新人大会

 

 (9/18.19)

 

台風14号の荒天に負けず 

男子110mH決勝

 

牛山敦貴(巨摩2)

 

 14秒88(-0.1)🏆県高校タイ記録

 

                          🏆大会新記録

 

※従来 15秒07(2020年)

 

予選2組 ①15秒02(+0.1)と、

 

GR連発‼

 

流れるようなハードリングが特徴。

 

「凄いですね」と関係者に問えば、

 

「とっくに凄かったよ」の返事。

 

前年新人戦3位。今年度、高校総体

 

②15秒14(+1.2)...ですね‼

 

白根巨摩中出身、伝統を継ぐ。

女子棒高跳決勝

 

長濱愛里咲(駿台甲府2)

 

 2m95 🏆大会新記録

 

※従来 自身の持つ2m90(2021年)

 

★★新人大会2連覇達成

 

待機中は試技者に傘をさし、

 

2m50からハチマキ出陣。

 

昨年の自分(2m90)を越え、

 

3mに挑戦しました。

男子3000mSC決勝

 

小林 柊(山梨学院2/

 

      富士市 富士南中)

 

 9分30秒57 🏆大会新記録

 

※従来 9分34秒81(2002年)

 

★★2年連続優勝

 

最初の水ごう、後続を20m離す

 

スタートダッシュ。2000m付近で

 

逆転を許すが、ラストのスパート鮮烈。

 

見事に大会2連覇達成‼

男子4×100mR決勝

 

駿台甲府 

 

 佐野陸翔(1)清水陽翔(1)

 

 保坂 凜(2)中井 希(2)

 

※写真左から走順

 

 41秒35 🏆大会新記録

 

※従来 41秒80(2015年)

 

第1日目を締めくくる大記録が

 

誕生した‼

 

1走佐野が好スタートを決め、

 

2走清水は100mチャンプ、

 

ぐんぐんと加速、

 

3走エース保坂は万全のコーナー

 

ワークで、

 

4走中井は持ち前の全身全霊走。

 

祈る保坂に2走の清水が駆け寄る。

 

フィニッシュは、伝説の先輩たちの

 

記録を上回った‼

 

リンク集