私たちは山梨のスポーツを応援します。

 

 

 

 

      八ヶ岳パイ工房

 

5月24日(Memories

 

県高校総体 📷flash

 

➡「高校総体④」

5月23日(Memories

 

県高校総体 📷flash

 

➡「高校総体③」

5月22日(Memories

 

県高校総体 📷flash

 

➡「高校総体②」

5月21日(Memories

 

県高校総体 📷flash

 

➡「2022県高校総体」

5月19日(ルーキー躍動

 

県高校総体 陸上

 

 ハイライト

 

1年生チャンプ

女子100m決勝

 

奥村 陽(山梨学院1/

 

       韮崎東中)

 

 12秒19(+0.1) PB

 

🏆国体少年B 標準A 突破

 

(A 12秒27)

 

※写真は、準決勝から

女子800m決勝

 

西本佑菜(山梨学院1/

 

     松里中)

 

 2分17秒79 PB

 

ラスト50m、接戦を制した。

 

県中学総体④2分25秒68からの。

 

小さく拳でガッツポーズの

 

ゴールでした。

女子走高跳決勝

 

片山こころ(巨摩1/

 

     白根巨摩中)

 

 1m55 ベストタイ

 

※写真は、1m55成功の試技

 

通信陸上県大会の四種女王です。

女子200m決勝

 

岩間彩芽(駿台甲府1/

 

      一宮中)

 

 25秒66(-1.5) PB

 

※写真は、準決勝から

 

100m②12秒32(+0.1)は、

 

🏆国体少年B 標準Bの12秒35を

 

突破した。

5月19日(スパート

 

県高校総体 陸上

 

 ハイライト

女子1500m決勝

 

ラスト1周のスパート

3位集団が追う。

女子1500m決勝

 

ルブラス恵美里(山梨学院3/

 

      川崎市立稲田中)

 

 4分48秒16

 

②石井れいな(山梨学院3)を

 

振り切るスパートをみせた。             

女子3000m決勝

 

150m付近、早くも学院勢が

 

リードする。

追走の集団は、韮崎勢がけん引。

女子3000m決勝

 

ルブラス恵美里(山梨学院3)

 

 10分24秒52

 

 🏆2冠達成

 

②には、学院の一角を崩し、

 

 中島 想(韮崎1/胸ゼッケン9)が‼

5月19日(中・長 激戦

 

県高校総体 陸上

 

 ハイライト

男子1500m決勝

 

最後の直線、大激戦‼

男子1500m決勝

 

成沢翔英(山梨学院3/

 

       上田第六中)

 

 3分59秒84

 

②荻原悠生(甲府南2)

 

 4分00秒24

 

成沢「600mでスパイクされて、

 

靴が脱げかかった。頭が真っ白に

 

なってしまった。ぐんぐん行くプラン

 

だったが、切り替えて、勝負に徹し

 

ました」

 

※ゴール直前、右スパイクが‼

最終日 男子5000m決勝

 

(タイムレース2組)

 

成沢翔英(山梨学院3/先頭)

 

 14分53秒31

 

🏆2冠達成

ラスト1周の鐘

5月18日(不落の城

 

県高校総体 陸上

 

 ハイライト

女子100mH決勝

 

城山愛衣(駿台甲府3)

 

 15秒07(-2.0)

女子4×100mR決勝

 

駿台甲府(小野・城山

 

  岩間・塩谷)

 

 47秒93 🏆大会新記録

女子400mH決勝

 

城山愛衣(駿台甲府3)

 

 1分06秒98

女子4×400mR決勝

 

駿台甲府(小川・塩谷

 

  小野・城山)

 

 4分04秒16

 

全部、勝ちました‼

 

リレー含む、ただ一人の4冠達成。

5月17日(Triple

 

県高校総体 陸上

 

 ハイライト

 

個人種目3冠と円盤2連覇

女子円盤投決勝

 

名執真生(巨摩3)

 

 30m70 🏆2連覇

 

大会初日、4継と同時開始。

 

1走を務めて、サークル直行の

 

強行軍でした。

女子砲丸投決勝

 

名執真生(巨摩3)9m81

 

大会2日目、七種との掛け持ち。

 

この日、砲丸は9投‼

 

七種では、10m31をマーク

 

しました。

女子七種競技

 

名執真生(巨摩3)3869点

 

今大会、ただ一人、個人3冠

 

達成しました‼

5月16日(三段も南高

 

県高校総体 陸上

 

 ハイライト

男子三段跳決勝

 

長谷川湧汰(甲府南2)

 

 13m90(+1.9)

梶山佑生(甲府南2)

 

 13m65(+1.7)

長谷川(左)

 

 県新人戦 ②13m03(-0.2)

 

梶山(右)

 

 県新人戦 ③12m66(-0.7)

 

からの、大躍進です‼

5月15日(月がでた

 

県高校総体 陸上

 

 ハイライト

男子200M決勝

 

田邊太一(都留3/左)が先行

 

して直線に向く

150m付近

男子200m決勝(+1.6)

 

入月誠ノ介(韮崎2)

 

 21秒92 PB

 

保坂 凜(駿台甲府2)

 

 21秒95

 

田邊太一(都留3)

 

 22秒31

待望のフルムーン

 

150m過ぎからの接戦を制し、

 

遂に最強ピッチで戴冠‼

5月15日(自己新V

 

県高校総体 陸上

 

 ハイライト

女子200m決勝

 

コーナーを抜けて直線に向く

150m付近

女子200m決勝(-1.5)

 

岩間彩芽(駿台甲府1)

 

 25秒66 PB

 

全身の大きな動きで圧勝‼

 

県中学記録保持者(25秒73)、

 

逆風ものともせず‼

5月15日(向上の槍

 

県高校総体 陸上

 

 ハイライト

女子やり投決勝

 

越石莉子(都留興譲館3)

 

 41m48 PB 🏆2連覇

 

※その1回目

男子やり投決勝

 

古屋俊輔(都留興譲館3)

 

 58m25 🏆2連覇

 

※その5回目

高めあいアベック2連覇達成

 

古屋俊輔

 

越石莉子(右)と、妹の

 

越石瑚子(2/左)

5月15日(圏内突入

 

県高校総体 陸上

 

 ハイライト

女子100M決勝(+0.1)

 

 ※中間走(60M付近)

女子100M決勝(+0.1)

 

奥村 陽(山梨学院1)

 

 12秒19 PB

 

岩間彩芽(駿台甲府1)

 

 12秒32

 

小野瑞希(駿台甲府3)

 

 12秒42

鮮烈な高校デビュー

 

切れのあるスプリントを披露。

 

本人は、足の流れを気にしていたが、

 

中間走の前傾が浅くなり、

 

目指している「前さばき」が可能

 

な、進化をみた。

5月14日(圧倒

 

県高校総体 陸上

 

 ハイライト

男子100m予選から

男子100m準決勝から

男子100m決勝(+0.1)

 

由井 響(都留3)

 

 10秒71

 

保坂 凜(駿台甲府2/下左)

 

 10秒90 PB

 

入月誠ノ介(韮崎2/下左2)

 

 10秒91 PB

 

決勝、由井は90m過ぎに、

 

チカラを緩めるも圧倒のスプリント

 

を見せた。

5月14日(オー!

 

県高校総体 陸上

 

 ハイライト

男子800m決勝

 

400m 54秒で通過

 

(先頭の雨宮)

最後の直線、ラスト50m付近の

 

大接戦。

矢﨑那央(巨摩3)

 

 1分54秒64 PB 🏆大会新記録

 

※従来、1分54秒67(2021年)

 

②雨宮優悟(甲府東2)

 

 1分54秒73 PB

 

③髙木鼓太朗(韮崎3)

 

 1分54秒87 PB

 

第1日目の1500mで苦杯、

 

死闘を制し、雄叫びのゴール‼

 

レースをけん引した雨宮に感謝した。

5月9日(称えなむ

 

第74回 県高校総体 陸上

 

充実の第1日目(5/7)

男子走幅跳決勝

 

小林竜士朗(甲府西3)

 

 7m10(+1.4)🏆大会新記録

 

※従来、7m08(2010、2015年)

 

優勝記録は、7m14(+3.1)の

 

追い風参考です。

男子110mH決勝(+1.2)

 

小林竜士朗(甲府西3)

 

 15秒03 🏆大会新記録

 

※従来、15秒05(2021年)

 

②牛山敦貴(巨摩2/右)

 

 15秒14

 

③内藤恭祐(都留3/中)

 

 15秒24

女子4×100mR決勝

 

駿台甲府

 

 (小野瑞希城山愛衣

 

 ~岩間彩芽塩谷花音

 

 47秒93 🏆大会新記録

 

※従来、48秒03(2018年)

 

3走・岩間から、4走・塩谷へ。

女子ハンマー投決勝

 

山本真凜(身延3)

 

 43m46 PB

 

大会記録44m15に迫る‼

 

※その4回目のリリース直前

女子ハンマー投決勝

 

大場彩花(甲府南3)

 

 40m15 PB

 

選手宣誓者、ついに大台到達‼

 

※その6回目 リリース直前

男子4×100mR決勝

 

都留奥山 隼由井 響

 

 ~田邊太一内藤恭祐

 

   41秒64 チームベスト

 

      都留高新記録

 

「戦える記録」‼

 

3走・田邊から、4走・内藤へ。

女子走幅跳決勝

 

樋口実桜(都留3)

 

 5m45(0.0) PB

 

※その6回目の跳躍

女子円盤投決勝

 

名執真生(巨摩3)

 

 30m70 🏆2連覇

 

功力麻琴(甲府南3)

 

 30m51

 

山本真凜(身延3)

 

 25m71

5月6日(大一番

 

県高校総体 陸上

 

🎇明日 開幕‼

導け インハイ経験者

 

由井 響(都留3)

 

2021福井IH。伝道師として、

 

みんなに、熱をつたえて下さい‼

1年生、爽やかに

 

岩間彩芽(駿台甲府1)

 

菖蒲(アヤメ)咲く、勝負の

 

時です。

 

リンク集