私たちは山梨のスポーツを応援します。

 

 

 

 

      八ヶ岳パイ工房

 

8月5日(左足首捻挫をこえて

 

徳島インターハイ

 

男子やり投

 

古屋俊輔(都留興譲館3)

男子やり投予選2組(8/4)

 

古屋俊輔(都留興譲館3)

 

 56m44 決勝進出ならず

 

関東高校後、左足首捻挫。

 

ダイナミックなスロー後の

 

フィニッシュ体勢が、見られなかった。

 

出待ちのサポート隊に迎えられ、

 

再起を誓った。

 

「またよろしくお願いします」

 

競技場を後にする時の古屋の言葉。

 

いいとも‼

 

敗因明解、覚悟の次へ‼

8月5日(挑戦した4回転

 

徳島インターハイ

 

女子ハンマー投決勝

 

山本真凜(身延3)

1回目失敗後、入念なチェック。

2回目の待機。

2回目を終えて。

 

コーチングエリアで。

女子ハンマー投決勝(8/3)

 

26位 山本真凜(身延3)

 

  41m29

 

「関東高校でインハイ決定以降の、

 

メンタル面での自己管理がダメでした。

 

立て直して、関東選手権に臨みます」

 

望む結果は得られなかったが、

 

決してあきらめない姿勢が、

 

サポート陣の「次へ」の笑顔を

 

誘います。

8月5日(躍動の青い力

 

徳島インターハイ

 

男子1500m決勝 山梨学院

 

成沢翔英(3)8位入賞

 

予選で🏆県高校新記録 樹立

予選300m通過

 

中団に位置取り、先頭400m通過は、

 

1分04秒のスローペース

予選700m通過

 

先頭800m通過は、2分04秒。

 

ペースが上がる。成沢、先頭集団

 

後方で、追走。

予選1100m通過

 

7番手でラスト1周の鐘。

 

先頭の1200m、3分05秒。

「計画どうり」本人談。

 

最後の直線で爆発‼

 

3着入選で決勝進出を勝ち取った。

同組②鈴木選手(八千代松陰1

 

/千葉)と。

以上5枚、予選から

 

男子1500m予選1組

 

(8/3 12:50/4組3着+4)

 

成沢翔英(山梨学院3)

 

 3分47秒22 PB

 

 🏆県高校新記録

 

※従来 3分48秒2(2018年)

以下10枚、決勝から

大会第2日目(8/4 15:50)

 

男子1500m決勝(17名)

決勝400m通過

 

先頭、58秒。

決勝750m通過

 

先頭800m、2分ちょうど。

 

早い‼

決勝1100m 運命の鐘が鳴る

 

先頭1200m、3分03秒。

 

成沢、10番手争い。

成沢翔英⑧入賞のゴール

 

3分47秒35 ‼

入賞を確信し、胸に手を当てた

 

成沢。ほっとしたんだと、

 

思います。見事でした‼

7月30日(二天流

 

県中学総体 

 

砲丸投 絶対王者、

 

渡辺 天の【二天を衝く】

共通男子砲丸投決勝

 

渡辺 天(甲府北東3)

 

 12m46

 

通信陸上も①12m84で圧勝、

 

無敵の県チャンピオンだ。

 

「新紺屋小。砲丸は中1の秋から。

 

北東中では陸上部、季節部で柔道を

 

やっています。福島全中は、柔道・

 

90kg級で出場が決定しています」

 

なんと‼柔道は小2から、現在は

 

初段の黒帯でした。

 

178cm 90k、焼肉好きの

 

天(ソラ)君、得意技はもちろん、

 

砲丸投げ。

 

全中柔道(福島県須賀川市、

 

8/22~)一直線。

 

「咲かせよう君の花」

 

陸上も続けて下さい‼

7月30日(この歓喜

 

県中学総体

 

4継女王は、大逆転で押原

共通女子4×100mR決勝

 

押原(中村優花1 髙木胡万智2

 

    佐藤樹音2 三井葉乃音3)

 

※写真は、左から走順

 

 51秒53 チームベスト

 

4位で三井に渡ったバトンを‼

 

県通信(7/9)⑤53秒14からの

 

ジャンプアップです。

 

4走・三井は、共通走幅跳も好記録

 

5m33(+1.1)で優勝。

 

「みんなのおかげだよ~」

 

その明るいキャラで後輩を和ませた。

7月30日(最速・最強

 

県中学総体 100m 200m

 

2冠のKingQueen

共通男子100m決勝(7/29)

 

鈴木弘斗(玉穂3)

 

 11秒29(+2.5)

 

1日目(7/28)の共通男子200mと

 

個人種目2冠達成‼

共通男子4×100mR決勝(7/29)

 

玉穂(中里優太3 中山翔吾3

 

          小山朝陽3 鈴木弘斗3)

 

 43秒70 チームベスト 

 

※大会記録43秒69(2015 石和)

 

鈴木は、今大会ただ一人の3冠

 

成し遂げました‼

共通女子100m決勝(7/29)

 

上嶋美夕(玉穂3)

 

 12秒61(+1.0) PB

 

共通女子200m(7/28)も

 

26秒65(+1.2)PBで制し、

 

栄光の2冠達成

 

「豊富小出身。陸上は、中学部活で

 

始めました。2年時にケガをしてから、

 

走りの基本を見直して、フォームを

 

変えた。その成果が出ているんだと

 

思います。200mで勝って、気持ち

 

が楽になり、今日の100mは、

 

楽しめました」

 

166cmの長身スプリンター、

 

ウワジマです。 

7月28日(みわくまんさい

 

第73回 県中学総体開幕

 

初日、暑く‼熱く

共通男子200m決勝

 

鈴木弘斗(玉穂3)

 

 22秒67(-1.0)PB

 

🏆全中参加標準記録突破

 

※参加標準 22秒75

共通男子走高跳決勝

 

前田拓夢(田富3)

 

 1m85 PB

 

🏆全中参加標準記録突破

 

※参加標準 1m85

 

①バネとスピード感が優れている。

 

②空中感覚が鋭く、修正能力にも

 

長けている。

 

以上、跳躍審判の鈴木先生(石和中)談。

共通女子800m決勝

 

戸澤瑠南(山梨学院2)

 

 2分16秒73 🏆あとチョット

 

※参加標準 2分16秒50

 

野澤啓佑さんから、祝福を受け。

7月20日(Dynamic

 

国体選考会 成年の部

 

100m決勝から

成年男子100m決勝

 

渡邊聖矢(山梨学院大4/下中央)

 

 10秒69(+0.9)

 

②坂本壮平(山梨学院大4/下右)

 

 10秒71

 

③神谷翔矢(山梨大3/下左2)

 

 10秒82

成年女子100m決勝

 

田中陽夏莉(富士山の銘水)

 

 12秒22(-0.1)

7月19日(いちご一会

 

国体選考会(7/17.18)

 

「たかまる士気」

少年男子A 100m決勝

 

由井 響(都留高3)

 

 10秒60(+1.1)

 

🏆参加標準A(10秒61)突破

 

②入月誠ノ介(韮崎高2/中右)

 

 10秒87 PB

 

栃木国体、10/6から

本当に好きなことを

 

思いきりするというのは、

 

すごく素晴らしいことだと思います。

 

左から、

 

①由井 響 ②入月誠ノ介

 

③内藤恭祐(都留高3) 11秒02

 

④田邊太一(都留高3) 11秒14

少年男子B 100m決勝

 

清水陽翔(駿台甲府高1)

 

 10秒90(+0.2) PB

 

🏆参加標準A(10秒90)到達

 

②三浦悠太(日川高1/上赤)

 

 11秒20 PB

 

感触ありで、ゴール直後、

 

速報板を振り返った。

少年女子B 100m決勝

 

奥村 陽(山梨学院高1)

 

 12秒27(+2.0)

 

🏆参加標準A(12秒27)到達

 

②岩間彩芽(駿台甲府高1)

 

 12秒31

 

震えるゴール。いつも、カメラが

 

緊張します。

少年女子A 100M決勝

 

村松璃香(山梨学院高2)

 

 12秒50(+1.7)

 

②塩谷花音(駿台甲府高3)

 

 12秒51

 

③小野瑞希(駿台甲府高3)

 

 12秒61

 

少年女子Aの意地。凄いレース

 

でした。

7月15日(讃歌を綴れ

 

関東高校陸上 📷flash

 

➡「関東高校⑤」

3日目(6/19)

 

南関東 男子800m予選3組

 

雨宮優悟(甲府東2/先頭)

 

 1分56秒51

 

関東でも、いつも通りのレース。

 

先頭で1周通過です。

7月14日(讃歌を綴れ

 

関東高校陸上 📷flash

 

➡「関東高校④」

2日目(6/18)

 

南関東 男子5000m決勝

 

内堀 勇(巨摩2/中央8)

 

 14分46秒81

 

※序盤、先頭集団に食らいつく。

7月13日(讃歌を綴れ

 

関東高校陸上 📷flash

 

➡「関東高校③」

2日目(6/18)

 

南関東 男子100m予選1組

 

由井 響(都留3)の登場です‼

7月12日(讃歌を綴れ

 

関東高校陸上 📷flash

 

➡「関東高校②」

1日目(6/17)

 

南関東 女子ハンマー投 表彰式

 

山本真凜(身延3/右2)

 

 46m82 PB

 

➡「徳島インターハイ」へ

7月11日(讃歌を綴れ

 

関東高校陸上 📷flash

 

➡「関東高校①」

1日目(6/17)

 

南関東 男子400m予選2組

 

中井 希(駿台甲府2)

 

 49秒18 PB

7月10日(HOPE

 

中学通信県大会から

1年女子走幅跳

 

仁科希來(櫛形)

 

 5m29(+1.5)PB

 

 🏆大会新記録

 

※従来、5m19(1998年 荘 久慧)

 

「着地がうまくいきました。

 

陸上は、小2からです」

 

24年振り、荘さんの記録を

 

塗替えました‼

スプリントも非凡

 

1年女子100mでも、

 

③13秒85(0.0)

 

※写真中央

 

身長1m58、伸びやかです。

7月10日(前進 高く‼)

 

中学通信県大会

 

 「突破へのField

共通男子砲丸投

 

渡辺 天(甲府北東3)

 

 12m84

 

※参加標準 13m00

共通女子走幅跳

 

三井葉乃音(押原3)

 

 5m46(+3.7)

 

公認 5m35(+1.2)

 

※参加標準 5m45

共通男子走幅跳

 

西村友希(都留第一3)

 

 6m58(+2.2)

 

公認 6m24(+0.9)

 

菱山維吹(甲府東3)

 

 6m40(+1.5)

 

太田倖陽(明見3)

 

 6m39(+1.8)

 

※参加標準 6m55

共通男子走高跳

 

前田拓夢(田富3)

 

 1m80

 

※参加標準 1m85

 

写真は、1m85 3回目

7月10日(収穫と期待

 

中学通信県大会を終えて

 

(7/3.9)

男子最優秀選手

 

鈴木弘斗(玉穂3)

 

共通男子100m(7/3)

 

①11秒50(-0.3)PB

 

※写真上、決勝の選手紹介で

 

共通男子200m(7/9)

 

①23秒01(+1.9)PB

 

※写真中、決勝140m付近

 

準決勝3組①22秒87(+1.1)、

 

全中参加標準22秒75に迫る‼

 

共通男子4×100mR(7/9)

 

①玉穂 44秒34(4走)

 

※写真下、3冠達成でゴール。

 

昨年の右腕骨折からの、復活V走。

 

まだプレートが残るが、強力な

 

腕振りが生み出す推進力は圧巻です。

女子最優秀選手

 

村山陽菜(甲府西3)

 

共通女子100m(7/3)

 

①12秒84(+0.8)

 

※写真上、決勝ゴール

 

※写真中、掲示板を見る

 

共通女子200m(7/9)

 

①26秒50(+2.5)

 

※写真下、予選から

 

同学年、主要大会不敗神話的な‼

 

無敵のピッチを刻みます。

 

リンク集