私たちは山梨のスポーツを応援します。

 

 

 

 

      八ヶ岳パイ工房

 

9月13日(コンプリート

 

県選手権 第2日目

 

もう一つのカメラ撮って出し

 

➡「もう一丁」

男子4×400mR決勝から

 

荻野聖也(甲府南高2/第2走)

9月12日(マイルに捧ぐⅡ

 

県選手権【📷撮って出し】

 

追加しました

 

➡「県選手権⑦」

男子4×400mR決勝から

 

山梨学院高のレース後

9月11日(マイルに捧ぐ

 

県選手権【📷撮って出し】

 

➡「県選手権⑦」

男子4×400mR決勝から

 

レース後の都留興譲館高

9月9日(ウルトラ

 

県選手権【📷撮って出し】

 

➡「県選手権⑥」

女子走幅跳決勝から

 

①古屋日奈子(駿台甲府高3)

 

  5m66(+0.9)

 

6回目のピッチで。

 

会場の時の流れが止まりました。

 

高校ラストステージです。

9月9日(カモーン‼

 

県選手権【📷撮って出し】

 

➡「県選手権⑤」

男子800m決勝から

 

②フィセット 慶(甲府工高2/中央)

 

  2分00秒36

 

ハイペースにくらいつき、残り1周の

 

スパート開始。

9月8日(本当に好きなこと

 

県選手権【📷撮って出し】

 

➡「県選手権④」

女子走幅跳決勝から

 

⑤土屋ゆい(巨摩高2)

 

  5m30(+2.1)

 

※その1回目の跳躍

9月5日(臨戦態勢

 

県選手権 【📷撮って出し】

 

➡「県選手権③」

男子3000mSC決勝から

 

平井凜空(富士北稜高2)

 

資格記録(10分23秒台)を、大幅に

 

上回る9分52秒54でフィニッシュ。

9月4日(Fight Fight

 

県選手権 【📷撮って出し】

 

➡「県選手権②」

女子1500m決勝から

 

萩原美優(山梨学院高1)

9月3日(覚醒の時

 

県選手権【📷撮って出し】

 

➡「2020県選手権」

女子七種 走高跳で、

 

八巻一紗(駿台甲府高2)

9月1日(陸上に魅かれて

 

高校新人「群像」

 

 ~山梨GP2020より~

男子4×100mR決勝3組から

 

8レーンは、甲府工2走杉山 楓(2)

男子200m予選1組(+1.9)

 

①大八木 達(韮崎2)22秒49

 

B決勝 22秒89(-2.3)

同 3組(-0.3)

 

①堀井景太(甲府昭和2)22秒36

 

A決勝 DNS

同 8組(-0.8)

 

②飯田一真(駿台甲府2)22秒37

 

A決勝 22秒34(-0.9)

同 9組(-2.1)

 

①川住優輔(駿台甲府2)22秒98

 

C決勝 22秒87(-2.2)

同 12組(-0.6)

 

①杉山 楓(甲府工2)22秒98

 

C決勝 22秒82(-2.2)

同 13組(+0.1)

 

①由井 響(都留1/長野・川上中)

 

  22秒69

 

B決勝 22秒86(-2.3)

 

川上中出身。卒業後は村を出る

 

のが一般的で、母の実家を頼り、

 

都留高に。

 

8/22県選手権100mで、10秒96

 

(+1,6)の鮮烈デビューを飾る。

 

中学時代のベストは11秒44、

 

長野県中学5番の実績です。 

同 14組(-0.2)

 

①村松海人(駿台甲府2)22秒31

 

A決勝 22秒27(-0.9)

 

③田邊太一(都留1/右)23秒09

 

C決勝 22秒81(-2.2)

9月2日(上昇

 

高校新人「群像Ⅱ」

 

~山梨GP2020より~

男子走高跳決勝

 

①橘田幸成(駿台甲府2)1m95

 

1回目の試技。その後、2m01挑戦。

 

連覇のかかる県高校新人に向けて

 

上昇気流に乗る。

女子走幅跳決勝

 

③萩原けい奈(駿台甲府2)

 

  5m32(+0.1)

 

新人戦、走幅跳と三段跳で、

 

ただ一人の個人2種目連覇に挑みます。

男子110mHタイムレース

 

①石原秀星(巨摩2)

 

  15秒72(-0.5)

 

7/23県高校夏季大会

 

   ①15秒18(-0.7)

 

8/22県選手権

 

 ③15秒22(-0.9)

 

新人戦の大会記録15秒17を射程に。

男子走幅跳決勝(試技4回)

 

④荻野聖也(甲府南2)

 

  6m59(+0.6)

 

7/24県高校夏季大会

 

 ①6m88(+1.2)

 

8/23県選手権

 

 ⑦6m75(+1.9)

 

昨年2位、新人頂点と7m到達を。

 

⑥川窪康生(駿台甲府2)

 

  6m37(+0.5)

男子110mHタイムレース

 

④小林竜士朗(甲府西1)

 

  16秒47(-1.2)

 

1台目から助走が合わなかった。

 

8/23県選手権 走幅跳でPB更新

 

④6m96(+1.6)※従来ベストは、

 

関東中学での6m71

女子200m予選5組(+0.4)

 

①堀部優衣(韮崎2)26秒37

 

※A決勝 DNS

 

昨年新人戦、100m・200m

 

2種目ともに3位。短距離2冠を狙う。

女子100mHタイムレース

 

③市川真也子(甲府南2/写真上手前)

 

  15秒44(0.0)

 

④齋藤美貴(駿台甲府2/写真下)

 

  16秒24(-2.3)

 

⑤杉井爽花(甲府昭和2/写真上右)

 

  16秒46(0.0)

 

この3名に廣瀬麻耶(駿台甲府2)が、

 

昨年新人戦で1年生ながら決勝進出。

女子1500mタイムレース

 

①上田歩実(甲府南2)

 

  5分08秒15

 

昨年新人戦、1500m・3000m

 

ともに2位。一歩踏み出すか。

男子1500mタイムレース

 

④赤池 祥(韮崎2/後ろ)

 

  4分08秒18

 

昨年新人戦の優勝タイム

 

(4:11.53)を上回る。

 

リンク集