7月19日(暑中見舞

 

国体選考会

 

『青春賛歌をつづれ』

「天たかく」

 

成年女子棒高跳から、

 

渡邊野乃(国士舘大2/富士北稜)

「まなじりは 歓呼にこたえ」

 

女子5000mWから、

 

一瀬 藍(巨摩高1/前)

 

宮崎 心(巨摩高1/後)

「美しく におえる 健康」

 

少年女子A100mH決勝から。

 

山岸彩香(甲府西2/挙手)

「悔ゆるなき」

 

少年男子A400m決勝から、

 

野口怜恩(身延高3)

「大地をけりて」

 

成年男子400m決勝から、

 

田中拓海(東洋大1/駿台甲府)

「7」

 

成年女子やり投から、

 

深澤葉月(山梨学院大3/巨摩)

「風を打ち」

 

少年男子Aやり投から、

 

百田國光(甲府工高2)

7月18日(同じ風のなか

 

国体選考会 少年B男子100m

 

高校1年 躍進のダッシュ‼

①鎌倉郁弥(身延1/早川/右)

 

 10秒97(+3.5)

 

②長田   士(駿台甲府1/高根/右2)

 

 11秒05

 

③福島 凜(駿台甲府1/駿台)

 

 11秒05

予選 11秒16(+1.1)

 

準決 11秒10(+1.0)

 

そして決勝、追参ではあるが、

 

10秒台の扉を開けた。いざカマクラ‼

Choo Choo TRAIN

7月18日(オールスター

 

国体選考会 成年男子100m

 

炎天下のスピード決戦、

 

10秒台5人‼

 

ファイナリスト氏名に、

 

「拓」率高し。

風は+0.6、混戦を制したのは

 

①深澤拓己(国士舘大4/身延高/

 

       左3 第5レーン)

 

 10秒64

 

スタートで体勢崩れ、ヒヤリ。

横一線の序盤、10秒台の5人です。

50m付近

70m

②浅利 拓(千葉大M/駿台甲府高)

 

 10秒76

 

③依田尚彌(県体育協会/上武大/

 

          増穂商業高)

 

 10秒87

 

④佐野航平(国士舘大2/身延高)

 

 10秒88

 

⑤土屋拓斗(駿河台大1/駿台甲府高)

 

 10秒97

「楓」が効いています。

バックストレートは、選手との

 

距離感が良いですね。

7月17日(Welcome

 

国体選考会 2日目(6/16)

 

灼熱のTrack&Field

今季初戦 笑顔のスタートライン

 

100m関東高校女王の中田舞花。

 

身延高から今春山梨学院大に進み、

 

故障で出遅れたが、元気に復帰。

 

母校・身延高の大声援に応える。

 

「へなちょこ走りでも、出ます」

 

絶対王者がカレッジ陸上の第一歩を

 

刻みました。

2日目ハイライト

日本選手権8位 須田裕太郎‼

 

成年男子砲丸投(7.26kg)

 

①須田裕太郎(国士舘クラブ/

 

      国士舘大/巨摩高)

 

 16m57

 

※自身の持つ県記録 16m14

 

※国体参加標準A   16m27

 

社会人2年目、6月の日本選手権、

 

PBを57cm更新する16m81

 

見事8位入賞の快挙を成し遂げた。

 

特別支援学校 都立町田の丘学園に

 

勤務し、17時に仕事が終わると、

 

週5日のペースで母校 国士舘大の

 

グラウンドに通う日々。

 

東京陸協登録のため、山梨県記録

 

にはならないが、

 

国体は「ふるさと選手」として、

 

山梨県選手エントリーが可能です‼

「今夜は焼肉です」

 

成年女子やり投(600g)

 

①深澤葉月(山梨学院大3/巨摩高)

 

 48m94 ★山梨県新記録

 

      ※従来県記録 47m25

 

 ★国体参加標準B突破(47m28)

 

3投目の47m04で、会場の期待が

 

膨らんだ。そして最終6投目、若干

 

低く投げることを意識したという

 

槍は、50mライン目前の芝生に

 

刺さった。14年振りの県記録更新、

 

「ビックリしました。今夜は焼肉

 

 です」

 

興奮さめやらず、小瀬を後にしました。

成年男子三段跳

 

①横森友朗(山梨大2/韮崎高)

 

 15m75(+2.6)

 

参考記録だが15m76(+1.1)の

 

ベストに迫る。

 

今季、A標準(15m54)突破済。

成年男子400mH

 

①渡辺翔太(山梨学院大4/学院高)

 

 51秒54 🏆国体参加標準B突破

 

※標準B 51秒66

少年男子A100m

 

①岩下千馬(駿台甲府高3/甲府西)

 

 10秒69(+1.1)🏆標準B突破

 

※国体参加標準B 10秒72

 

4位までが10秒台の好レース。

 

猛暑日、予選からの3レースは、

 

バトルロワイヤルさながら。

 

自己ベストの要因を聞くと、

 

「準決勝後に具合が悪くなり、

 

 決勝棄権も考えました。

 

 かえってチカラが抜けて、

 

 リラックスできたのかも・・・」

 

と、振りかえる。

 

決勝レース後の横たわりも、

 

うなずける。介抱する松野滉大も、

 

10秒77をたたき出した。

少年B女子100m

 

①古屋日奈子(駿台甲府高1/塩山)

 

 12秒16(+2.0)

 

🏆国体参加標準A(12秒27)突破

 

少年女子B走幅跳と併せて2種目で

 

国体参加標準記録をクリアした。

 

なお、

 

②珊瑚菜帆(身延高1/南部)

 

 12秒39

 

③福田倭子(駿台甲府高1/

 

          白根巨摩)

 

 12秒40

 

両名共に12秒46のB標準切りの

 

ハイレベルな決勝でした。

 

リンク集