私たちは山梨のスポーツを応援します。

 

 

 

 

      八ヶ岳パイ工房

 

11月5日(秋は黄金の波

 

第27回 県中学駅伝

 

白根巨摩 アベックV

女子 白根巨摩15年ぶり5回目

 

①白根巨摩 43分01秒➡全国大会

 

②若草   43分17秒

 

③塩山   43分40秒

 

④櫛形   44分19秒

 

以上、関東中学駅伝出場権獲得。

男子 白根巨摩14年ぶり4回目

 

①白根巨摩 57分09秒➡全国大会

 

②石和   57分58秒

 

③櫛形   58分15秒

 

④韮崎東  58分15秒

 

以上4校、関東中学駅伝。

11月5日(駅伝日和

 

県中学総体 駅伝競走の部

 

第27回 県中学駅伝

 

於:櫛形総合公園周回コース

 

女子 参加27校 5区間11.72km

 

男子 参加26校+オープン参加1校

 

   6区間17.5km

10:00 女子スタート

11:15 男子スタート

11月4日(副賞メロン逃す

 

エコパトラックゲームズ

 

於:袋井市 エコパ

 

期日:11月3日

記録更新を求めて、静岡遠征。

 

駿台甲府高、韮崎高参戦。

 

そして中学からは、

 

塩山中と玉穂中がエントリーした。

部門B(中学3年~高校2年)

 

100m決勝

 

④山口華枝(駿台甲府高2/中央)

 

  12.13(+0.1)

 

山形インターハイ入賞者2名、

 

えひめ国体少年女子A入賞1名が

 

スタートリストに名を連ねた決勝。

 

ベスト12.11には及ばなかったが、

 

好勝負・好レースをみせた。

 

50mトップでメロンがよぎったが、

 

後半かわされ表彰台ならず。

中学生女子4×100mR TR

 

④塩山中 50.01

 

  1走 和光紀佳(3)

 

  2走 古屋日奈子(3)

 

  3走 窪田光莉(3)

 

  4走 廣瀬七彩(3)

 

中学2年県中学記録保持チーム。

 

その記録50.76。今シーズン、

 

県中学総体大会新記録49.46と、

 

県記録49.39に迫った。

 

記録に挑んだ中学ラストラン。

 

記憶に残るナイスランでした。

 

※写真中央、窪田から廣瀬へ。     

10月30日(台風21号

 

関東高校選抜新人 競技短縮 

 

➡「2日目」

10/22 関東新人2日目

 

台風21号の影響でトラック競技は

 

タイムレース制で実施された。

10月28日(京へ上る

 

いざ、「都大路」へ!

 

全国高校駅伝(12/24)

 

男女県代表決定のゴール。

女子 山梨学院 9年連続

 

 1時間12分19秒

 

※全5区間、21.0975km

 

栄光のテープを切るのは、

 

第5区走者 眞田ひまり(2)

 

🏆区間賞獲得(5km 17分19秒)

男子 山梨学院 7年連続 

 

 2時間10分28秒

 

※全7区間、42.195km

 

ゴールを突き抜けた、

 

第7区走者 新井悠我(3)

 

🏆区間賞獲得(5km 16分01秒)

10月28日(襷31本

 

男子 第68回全国高校駅伝

 

山梨県予選会 10:20

 

於:西湖畔周回コース

10:20 男子18校一斉スタート

第1区(10km)

 

スタート100m地点、

 

矢島洸一(山梨学院1)先頭に。

 

🏆第1区 区間賞獲得。30分39秒

区間2位(31分21秒)で、

 

チームを牽引した、

 

宮下隼人(富士河口湖3/中央)

女子 第29回全国高校駅伝

 

山梨県予選会 10:30

10:30 女子13校一斉スタート

 

第1区 スタート50m付近、

 

早くも縦長の展開。

小笠原朱里(山梨学院2)

 

🏆第1区(6km)区間賞

 

 19分42秒

 

U18(ユース)5000mの

 

日本記録保持者、左腕にラップを

 

書き込み、雨を蹴散らす。

 

※3'15 6'30 9'35 12'45

 

 15'45と見えました。

 

 1㌔毎の驚異のラップです。

区間2位(21分09秒)は、

 

小田切愛優(韮崎3)、

 

学院を追う。

10月27日(西湖畔

 

全国高校駅伝 県予選

 

明日、号砲。

15:30 西湖レストハウス前

 

明日のスタート地点から試走する、

 

小笠原朱里(山梨学院2)

 

駅伝シーズン開幕です。

西湖東岸に設置された距離表示。

 

今回初登場の距離BOX

 

分かりやすい。

10月26日(光を抱えて

 

Rookies 雨の駒沢

 

1日目終盤(女子走幅跳~)

 

➡「1日目 女子走幅跳以降」

冷たい駒沢の雨。

 

女子100mH、0.02秒差に、

 

三吉南緒(巨摩2)

10月24日(嵐の駒沢

 

嵐のPhoto

 

➡「2017関東高校新人陸上」

※写真も荒れました。

女子4×100mR予選2組

 

甲府昭和

 

1走 野澤瑠美佳(2)から、

 

2走 阿部亜美(2)へ。

10月23日(雨ニモマケズ

 

関東高校選抜新人陸上

 

2日目(10/22)

 

終日大荒れの雨・気温低下、

 

新・主将の奮闘。

男子400mH 決勝

 

※台風で大会スケジュール短縮化。

 

 3組タイムレースの一発決勝。

 

②水越将司(巨摩2/男子新主将

 

 55.35(自己ベスト

 

1組2着、総合2位。

 

バックストレート積極走、トップで

 

直線に。最終ハードル飛越後も粘る。

 

1組1着が総合1位。

 

水越、台風覚醒!

女子200m決勝

 

③岩浅優花(駿台甲府2/女子新主将

 

 25.59(+1.1)

 

3組1着、総合3位。

 

2組1着が、25.58(+0.4)で①

 

1組1着が、25.59(+3.8)で②

 

②とは千分の1秒単位の差で

 

判定された。風を恨む。

 

400mに続き敢闘の3位!

10月22日(日)

 

第30回県中学新人陸上

 

2日目

 

⇒2017県中学新人陸上

10月21日(Rookies

 

Kanto Rookies

 

Game 2017 Tokyo

 

関東高校選抜新人陸上

 

 10/21・22

 

 於:駒沢オリンピック公園

 

※ 1都7県 (各種目上位3名)

 

※ 次年度全国大会の登竜門

1日目:終日雨

 

 競技開始10:00 雨 17.5°C

 

 湿度92%

※最終10台目のハードル飛越

女子100mH 決勝

 

②三吉南緒(巨摩2)14.28

 

 (+0.5)

 

昨日名古屋(※)で今日東京。

 

列島縦断の連戦は、

 

左足首に不安を抱えてのレース。

 

100分の2秒差の2位フィニッシュ。

 

悔しさをにじませた。

 

※U18日本陸上選手権

女子400m 決勝

 

⑦岩浅優花(駿台甲府2)57.72

 

えひめ国体でマークしたベスト、

 

57.14には及ばなかったが、

 

しっかり決勝進出・入賞果たす。

10月17日(本日は晴天なり

 

国体陸上 振り返りPhoto

 

➡「第4日目」

オール山梨「傘翼の陣」

10月15日(中高愛顔つなぐ

 

国体陸上 振り返りPhoto

 

➡「第3日目」

中学優秀指導者章(左)

 

 幡野力也 氏(上野原中教諭)

 

高校優秀指導者章(右)

 

 津金正俊 氏(甲府昭和高教諭)

10月14日(100718

 

国体陸上 振り返りPhoto

 

➡「第2日目」

10/7(第2日目)10:00前

 

スタンド応援に向かう途中、

 

アンケート協力する、誕生日の朝。

 

中田舞花(身延高3)18歳。

 

同行2人、

 

中央/今村海渡(身延高3)

 

左 /田中拓海(駿台甲府高3)

10月13日(ともし灯

 

国体陸上 振り返りPhoto

 

➡「えひめ国体陸上」

 

※雨の「第1日目」から

10月10日(栄光へのリズム

 

「僕の後ろに道は出来る」

 

えひめ国体陸上閉幕

 

県勢Comment-3題

少年女子A 3000m決勝

 

8:54.88の山梨県新記録並びに

 

県高校新記録で3位入賞の、

 

小笠原朱里(山梨学院高2)

「自分でもサッパリしました」

少年男子B 走幅跳決勝

 

自己ベストを19cm更新する、

 

6m92(+1.3)で4位入賞した

 

赤井悠次郎(甲府工1)

スタンドから見守った兄、

 

赤井滉太郎(身延高3/県高校総体

 

 400mHチャンプ)

 

「衝撃です」

成年少年女子共通

 

 4×100mR準決勝

 

前日の予選でマークした山梨県

 

新記録46.58を塗り替える

 

46.52。躍進の山梨選抜

 

アンカーを務めた、

 

中田舞花(身延高3)

「まだイケますよ」

2日連続の県新!史上最強の山梨選抜

 

左からオーダー順に、

 

廣瀬七彩(塩山中3)

 

松本沙耶子(都留文科大4)

 

齊藤莉奈(山梨学院大2)

 

中田舞花(身延高3)

10月9日

 

国体陸上

 

速報16:45

 

 

成年男子 やり投 決勝

 

⑰青沼李軌(山梨学院大3)

 

65m14

 

少年女子A 3000m 決勝

 

③小笠原朱里(山梨学院2)

 

8分54秒88

 

山梨県新記録

 

山梨県高校新記録

 

成年少年共通4×100mR

 

準決勝 1組

 

⑦山梨 46秒52

 

山梨県新記録

 

1走 廣瀬七彩(塩山中3)

 

2走 松本沙耶子(都留文科大4)

 

3走 齊藤莉奈(山梨学院大2)

 

4走 中田舞花(身延高3)

 

少年男子B 走幅跳 決勝

 

④赤井悠次郎(甲府工1)

 

6m92(+1.3)

 

4位入賞、自己ベスト

 

10月9日

 

国体陸上

 

速報12:30

 

成年女子100mH予選3組

 

④大神田南海(都留文大4)

 

13秒81

 

少年男子A やり投 決勝

 

㉔今村海渡(身延3)

 

49m73

 

少年男子共通 三段跳 決勝

 

⑨市川翔太(巨摩3)

 

14m94(+1.1)

 

少年男子B 3000m予選2組

 

⑪加藤聡太

 

(山梨学院1/富岡中・静岡)

 

8分47秒63

10月9日(体育の日

 

えひめ国体陸上 第4日目

 

「ガンバレ Yamanashi」

第3日目(10/8)より

 

 表彰台の「愛顔(えがお)」

成年女子三段跳 表彰式

 

剱持クリア(筑波大2)の愛顔です。

今日も”愛顔”で、繋ごう。

出走前、スタンドからの声援に。

成年少年女子4×100mR

 

予選3組、山梨県新記録を樹立し、

 

準決勝進出を果たした山梨選抜。

 

1走 廣瀬七彩(塩山中3)から、

 

2走 松本沙耶子(都留文科大4)へ。

 

今日16:00 準決勝、ガンバレ山梨!

 

リンク集