女子学校対抗 日本航空高 ベスト8ならず

 

小瀬に「雄飛」したTable Tennis Girls 

 

                8/6

女子学校対抗3回戦、日本航空は目標の「ベスト8」を懸け、全国上位の常連校・明徳義塾(高知)と対戦。

 

シングルス1番手・松原恵選手が対戦したのは、エースの椛沢かえ選手。

昨日の勢いで立ち向かうが、相手の技巧に自分のペースをつかめず、1-3で敗戦。

 

しかし、全国トップクラスの選手に1ゲームは奪って見せた。

シングルス2番手はエースの真田美海選手。

 

「ここで取るプラン」(河西辰也監督)

 

1ゲーム目を11-7で先取したが、続けて3ゲーム取られた。

 

「少し疲れていた。相手の変化するボールを捕らえきれず、ミスにつながった。ループ(つなぐボール)もスピードが違った」

0-2で迎えたダブルス戦。日本航空はエース真田とカットマン下山コンビ。相手もエース椛沢選手が再び登場。

 

スコア

 

日本航空      明徳義塾

     11-7

     3-11

     3-11

     4-11

  

   合計 1-3

 

 

トータル0-3で敗退。

残念ながら、ベスト8の壁を越えられなかった。

しかし県民を沸かせたその「雄飛」は勇ましかった。

 

河西監督

「よく相手に食らいついた。こちらが得点しても、それ以上に修正してきた」

「昨日はカットからドライブで得点できたが、そこを止められた。成す術がなく慌てた」

 

「しかし初のベスト16入りは良くやった。100点をあげたい。いい流れで個人戦に向かえる」

 

8/6~9まで、ダブルス・シングルス戦が行われる。

「雄飛」再び。

 

 

卓球競技 開幕 8/5

 

女子学校対抗 日本航空高 ベスト16進出!

卓球競技が開幕。

 

8月5日~9日まで、

男子学校対抗、男子ダブルス、男子シングルスは小瀬・武道館、

女子学校対抗、女子ダブルス、女子シングルスは小瀬・体育館で行われる。

 

 

 

日本航空高 女子学校対抗戦 ベスト16進出!!

 

1回戦 秋草学園(埼玉)戦

学校対抗戦は、トーナメント方式。

①シングルス②シングルス③ダブルス④シングルス⑤シングルスと5ゲーム戦い、3ゲーム先取した方が勝ち。(それぞれのゲームは3セット先取が勝ちとなる)

日本航空の初戦は、秋草学園(埼玉)。埼玉県は卓球の強豪県である。

 

序盤のシングルス2戦で勝利。

写真:ダブルスの真田美海選手(左・さなだ みう・3年)と下山夏音選手(右・しもやま なつね・3年)は惜しくも1-2で落とした。

 

 

4番手・シングルス、松原恵選手(まつばら めぐみ・2年)。

 

「弱気になってしまった」接戦の末、2-3で敗戦。

5番手・シングルス、‟カットマン”下山選手が逆転3-2で見事勝利。

 

「ダブルスで負けたので切り替えた」

 

相手はダブルスでも対戦していた選手。

「一回対戦したので研究できていた」

 

得意のカットで粘り勝ち!

 

 

結果、3-2で日本航空が2回戦進出!

追い込まれながらも踏ん張った。

 

 

2回戦 弘前実業(青森)戦

2回戦は「相手の方が上」(河西辰也監督)の弘前実業(青森)。

 

河西監督は相手のオーダーを読んでいた。

「初戦にエースを出してくるだろう。うちのエースは真田。調子も良かったし、真田なら勝てる」

 

初戦シングルスはエース対決。

激戦が予想されたが真田選手が気迫で圧倒し、3-0の圧勝!!

 

「気持ちで負けそうな時、毎回チームメイトを見た」

 

チームメイトから勇気をもらい気持ちで勝った。

 

このエースの勝利が流れを作った。

 

 

後ろにはチームメイトが付いている。

 

得点の度に「ヨー!ヨーヨー ナイスボール ヨー!」のコール。

チーム力で戦う。

 

 

続くシングル戦は、2年生・松原選手。

「後ろにはみんながいる。相手には気迫で向かった」

1回戦、気持ちで負けた反省を活かす。

 

得意のミート(前に出て打つ)で3-1の勝利。

 

この時点で、日本航空2-0弘前実業。早くも王手。

ダブルス戦。エース真田とカットマン下山のコンビで臨む。

 

「下山はメンタルも強い。そして相手側にカットが苦手な選手がいたので、下山は最適」

 

河西監督のこの采配がまたも功を奏す。

3-0の圧勝。

強豪相手にチーム力で戦った。

 

トータル日本航空3-0弘前実業。

 

日本航空は創部10年目で初の全国ベスト16!!

 

 

次戦は8/6、3回戦 明徳義塾戦。全国トップクラスの強豪だ。

「真田をどの場面で戦わせるか」

「とにかくチーム一丸で戦って、目標のベスト8を果たしたい」

 

初日の勢いをそのままに高い壁に挑む。

 

 

前列左から

堀口佳那選手(ほりぐち かな・3年・群馬/中之条中出身)

堤恭子選手(つつみ きょうこ・3年・主将・群馬/桂萱中出身)

田口未來選手(たぐち みく・2年・東京/光が丘第三中出身)

 

後列左から

下山夏音選手(しもやま なつね・3年・神奈川/円蔵中出身)

牧野美穂選手(まきの みほ・3年・愛知/東浦中出身)

真田美海選手(さなだ みう・3年・茨城/佐野中出身)

松原恵選手(まつばら めぐみ・2年・岐阜/稲津中出身)

キャプテン・堤恭子選手(つつみ きょうこ・3年・群馬/桂萱中出身)

「初戦の接戦を制し、乗った」

 

「私たちは‟チーム力”が強み。この会場で一番声を出して仲間を支える」

 

この日の試合中、何度となくラッキーな場面があった。

「このような‟運”を導くため、毎朝ゴミ拾いをしている」

 

 

女子団体対抗 甲府商高 惜しくも初戦敗退

 

甲府商は一回戦、明秀学園(茨城)と対戦。

善戦したが、0-3で敗れた。

 

キャプテン・湯田坂遥夏選手(ゆたさか はるか・3年・写真後方右から2番目)

「負けて悔しい。技術面で足りなかった。でも全国レベルを知れたことは良かった。後輩たちの経験になる」

 

男子団体対抗 甲府商高、日本航空高 初戦敗退

男子団体対抗戦

 

甲府商0-3駒大苫小牧(北海道)

 

日本航空0-3杜若(愛知)

 

写真は、甲府商の北條正也選手(ほうじょう せいや・3年)

 

 

 

 

ホッケー男子 山梨学院高 準決勝敗退

 

「沼宮内(ぬまくない)は、甘くない」

 8/5

インターハイ初のベスト4に進出した山梨学院高。

 

8/5:午後3時 白根高校第二運動場 ピッチは人工芝

 

準決勝のあいては、岩手県立沼宮内高校。

 

※写真は、後半のPC(ペナルティ・コーナー)、キャプテン10番・村松翔選手

 

沼宮内のセンターパスにより開始される。

ファースト・シュートを打ったのは沼宮内。更に13分、沼宮内はPCを得る。対する山学は、そのPCを防ぎ、逆にカウンターを仕掛けるなど、両者一歩も譲らない。その後も、両者互いに相手ゴールを狙いに行くものの、決定的なチャンスは生まれず、前半戦を折り返す。

 

後半戦が開始され、沼宮内は39分と41分のPC、47分のシュートチャンスを作るが、山学GK1番・高野雄介選手が好セーブを見せる。

しかし、50分、沼宮内10番・山口選手がゴール前に来たボールを流し込み、先制点を奪う。

 

山学は、カウンターを中心とした攻撃で、53分、58分、67分とPCを得るが、チャンスをものにすることが出来ない。

奮闘及ばず、試合終了のホーン。

 

個人技に勝る沼宮内の壁は、厚かった。



📷 📷 📷 📷 📷

白根高校の補助員による「散水」・「虹」

「富士」に イ・ダ・カ・レ・テ

 

ウエイトリフティング 「日川、天下取り」

 

総合優勝おめでとう!   8/5

日川高が学校対抗で総合優勝!!

 

合計得点55点

(56kg級:1点/62kg級:12点/85kg級:23点/94kg級18点/105kg級:1点)

 

2位(四日市工業高・49点)に6点差をつけた。

13年ぶり6度目の優勝。地元山梨に花を添えた。

 

 

前列右・大原魁斗選手(おおはら かいと・3年・塩山中出身・56kg級トータル12位)

 

前列左・中島緑夢選手(なかじま ぐりむ・3年・山梨北中出身・62kg級トータル6位)

 

後列右・雨宮玄剛選手(あめみや げんご・3年・山梨北中出身・94kg級トータル2位)
 

前列中央・島袋匡継選手(しまぶくろ まさひで・3年・主将・都留二中出身・85kg級トータル2位)

後列左・久保田謙選手(くぼた けん・3年・塩山中出身・105kg級トータル11位) 

 

写真には写っておりませんが、

杉田圭輔選手(すぎた けいすけ・3年・山梨北中・62kgトータル40位)

 

 

 

ウエイトリフティング 85kg級

 

島袋匡継選手(日川) 2位! 8/4

 

ウエイトリフティング競技(山梨市民総合体育館)、会場が沸いた。

 

男子85kg級・島袋匡継選手(しまぶくろ まさひで・日川高3年・主将・都留二中出身)がスナッチとクリーン&ジャークのトータルで2位に輝いた。大会3日目、県勢初の表彰台に拍手が鳴り止まなかった。

 


※ウエイトリフティング

体重別に階級分けされており同じ階級内で記録を競う、種目は「スナッチ」と「クリーン&ジャーク」の二つがあり、それぞれ3回ずつの試技を行い、各種目の最高挙上重量の合計(トータル重量)で順位を決める。

 

※スナッチ

バーベルを頭上に一気に引き上げ、両腕を完全に伸ばし、立ち上がって静止する

 

※クリーン&ジャーク

両手によりバーベルを一気に引き上げ、鎖骨と肩の上に載せ立ち上がり(クリーン)、その後、両足の曲げ伸ばしを利用し、両腕が伸びきるまで頭上に差し上げる(ジャーク)動作。

 

 

 

 

まずは得意のスナッチ。

 

1回目:113kg / 2回目:117kg / 3回目:120kg

 

3回目(写真)の試技で120kgを上げ、スナッチでは1位!

 

残るは、苦手のクリーン&ジャーク。

「ここでどれだけ踏ん張れるか」が頂点への鍵となる。

 

 

クリーン&ジャーク。

 

1回目:135kg /2回目:139kg /3回目:142kg

 

3回目の試技142kgがトップと2kg差で2位。ガンバリました!

 

島袋選手、スナッチ(120kg)とクリーン&ジャーク(142kg)の合計262kgで2位!

 

1位・福田匠磨選手(ふくだ たくみ・福岡/九州国際大学付属校3年)の記録も・・・・スナッチ(118kg)・クリーン&ジャーク(144kg)=262kg。

 

あれっ同記録。。。同記録の場合は、検量体重の軽い方が上位となる(福田選手:78.16kg/島袋選手:79.32kg)

 

惜しい、悔しい!!

しかし、その戦いぶりは迫力満点でした。堂々の準優勝。

 

優勝の福田選手とは「中学時代からのライバル」

全日中でも凌ぎを削りあった。

普段は連絡を取り合い、情報交換をしているそうだ。

お互いを高め合ってきたライバルの優勝。

「嬉しいけど、正直悔しい」

「仲間に背中を叩かれて‟やってやるぞ”と気合が入った。緊張を力に変えた」

 

地元山梨だけに優勝を熱望していたが、ライバルに負けた。

「国体で目標の125kg(スナッチ)/145kg(クリーン&ジャーク)を上げ、絶対にリベンジする!」

 

ウエイトは「努力した分だけ結果が付いてくるから好き」

 

課題である上半身の筋力を鍛え直し、王座を目指す。

 

男子77kg級 小佐野能至選手(吉田高3年)

小佐野能至選手(吉田高3年・勝山中出身)

 

記録は、スナッチ100kg/クリーン&ジャーク125kgのトータルで11位。

 

「会場の雰囲気に動揺した。ジャークが良くなかった」

スナッチは自己ベストを1kg更新。

 

中学時代は野球部だったが、先輩に誘われウエイトの世界へ。

「目標が決めやすいので楽しい」

 

山梨市民が書いた選手へのメッセージボードとともに。

 

男子62kg級 中島緑夢選手 6位

中島緑夢選手(なかじま ぐりむ・日川高3年・山梨北中出身)

 

男子62kg級で6位入賞。

記録は、スナッチ100kg/クリーン&ジャーク116kgのトータル216kg。

 

試合前の練習では好調だった。スナッチ1回目、プラットフォーム(試技場)に上がると「急に緊張した」

普段気にしない時計(制限時間を表す時計。基本的には1分、高校生の大会では30秒であることが多い)も見てしまった。

 

1回目を失敗すると最後まで波に乗れず、ジャークでも2回失敗。

 

この悔しさは国体で晴らし、夢である消防士を目指す。

 

📷フォト・ギャラリー

オール山梨!!

 

県内選手にみんなで声援。

 

「いきます!」「いける、いける!」「強気、強気!」

 

「しっかり!「クリーン一発!」「いくぞー!」

オールマネージャー山梨

器具係。

 

一つの階級に約60名もの選手が参加。ウエイトリフティングの運営は時間との戦いでもある。1階級に約2時間~2時間半を要す。

 

関係者によると、一人の試技に付き42秒以内で回しているそうだ。

試技30秒以内、バーベル交換12秒以内。

 

器具係は毎試技、大忙し。

F1のタイヤ交換のようですね。

 

大会は明日(8/5)が最終日。お待ちしておりま~す。

 

 

 

男子サッカー 山梨学院高 3回戦敗退。


東福岡のゴール破れず 8/4

後半32分、FW原が後ろから倒されPK獲得。前日の試合(vs東海大翔洋高)でもPKを決めている6番・MF大場が思い切りよく、ゴール左下を狙ったが、東福岡GK・脇野に阻まれる。

 

 


男子サッカー3回戦、

山梨学院(選手権優勝1回)vs東福岡(選手権優勝2回・インターハイ優勝1回)の一戦。

 

地元高校と強豪校の試合に、韮崎中央公園芝生広場スタンドは一杯。好試合が予想された。

 

立ち上がりから球際の激しい展開。ワンタッチプレーと広い展開で、ポゼッションを優位にする東福岡。対する山梨学院は、粘り強く守り、FW原拓人のポストプレーや裏への飛び出しでチャンスを伺う。

好機は東福岡が多かったが、山梨学院も体を張る。山梨学院は少ないチャンスをシュートミスでものに出来ない。

前半0-0。

 

後半も長短の正確なパス構成で東福岡のペース。立ち上がり3分、試合が動く。流れるようなパスワークで最後はエース10番・中島賢星が落ち着いて決め、東福岡が先制。ここまで体を張って守ってきた山梨学院守備陣。唯一マークが甘くなったシーンであった。

その後、山梨学院はジョーカー16番・FW宇佐美祐樹を投入。前日の試合も宇佐美の途中出場から流れが変わり、得点が生まれている。

その宇佐美、役目を果たすべく、小気味良いステップからチャンスを作り流れを変える。

そして最大のチャンスを得る。FW原が倒されPK。しかしMF大場の蹴ったボールはGK・脇野に弾かれた。

その後も何度かチャンスを作った山梨学院だがシュート精度を欠き、万事休す。

 

試合巧者・東福岡がベスト8進出。

 

試合は両チームとも運動量が豊富で、動きの連動性も多彩。ミスが少なくレベルの高い試合であった。

 

 

山梨学院は、個々のレベルを上げ、冬の選手権優勝を目指す。

 

FW・宇佐美祐樹選手(山梨学院高3年・福島/いわき中央台北中出身)

 

「流れを変えるという役目は果たせたと思うが、FWとして得点が欲しかった」

 

 

 

8月4日 男子サッカー 帝京三2-3星稜 3回戦敗退

 

ホッケー男子 山梨学院高 ベスト4進出

 

「カウンター 一発 横田を打ち破る」

 8/4

 

 

※後半68分(終了2分前)山梨学院高・11番・秋山竜太郎選手のシュートが決まる/山梨学院ホッケースタジアム

 

島根県立横田高校との準々決勝。

 

選抜の王者・横田高校。苦戦が予想された。

 

横田は、パスゲームが得意で、攻守のバランスの取れた強豪である。

 

この試合、山学は、守りに守り抜いた。

特に前半35分は、横田が試合の主導権を握り、ボール支配率は7割。

横田は、前半4回のPC(ペナルティ・コーナー)を獲得したが、山学デイフェンス陣のガンバリと、守護神・GK1番・高野雄介選手の好セーブに阻まれる。

 

後半、両者一歩も譲らない攻防が繰り広げられる。

試合が動いたのは、終盤に横田に退場者が出た直後。

 

守り抜いた末のカウンタ攻撃が、功を奏した。

途中出場の山学11番・秋山選手が、GKをかわす。

 

待望の得点。歓喜の1点。

 

山学、明日の準決勝に駒を進める!

 

 

 

 

📷 📷 📷 📷 📷 📷 📷「舞鶴城の 夢はるか」

山梨学院ホッケースタジアム  試合前の「散水」

 両者、クリーンな「ファイト」が印象に残る。

終了の「ホーン」を聞く。

応援スタンドへ。

「満員御礼」の山学スタンド。「歓喜」

キャプテン・マーク:10番は村松翔選手(3年/白根巨摩中出身)

 

「守り抜いた」

11番・秋山竜太郎選手(3年)得点者「ラッキー・ボーイ」

 

リカバリー・セッション「ダウン」

 

明日の準決勝は、午後3時、白根高校第二運動場。

 

岩手県立 沼宮内(ぬまくない)高校と対戦する。

 

※沼宮内は、女子も準決勝進出を果たしている。

「兄の応援」に駆けつけた。

 

得点者:秋山選手の弟。

 

秋山甲斐(山学1年/陸上部/円盤・やり投げ)

 

「明日は部活です」

 

男子走高跳 「サンキュー 水越」

 

"敗れざる者達へ” 栄光を讃える!

 

水越海(みずこし かい/上野原高校・3年)

 

3年連続のインターハイ出場。最後の”舞”

 

8/2:大会3日目、午前10時から始まった予選。

 

水越の競技は、10時半に終了した。

 

3回目の試技後、スタンドに”深々と”一礼。

 

水越の”インターハイ舞台”に幕が下りた。

 

 

ピットを去る。

 

「調子いい時の感覚が戻らない」

 

「踏み切ると、屈みこんでしまうほどの激痛が走る」

 

左足首に故障を抱える。

 

足根洞(あしこんどう)症候群の可能性を医師から指摘される。

 

手術も考えられるシンドローム。

 

精密検査に踏み切れなかった。

 

「競技を続けるために、ちゃんと診てもらう」

 

水越が戻ってくる日も、遠くはなさそうだ。

 

 

チーム・メイトと共に。

 

<390羽の折鶴>で作った<No1>

 

水越に「ありがとう」「サンキュー」で390の折鶴。

 

制作に2週間。鶴は戻って来ますよね!

おじいちゃんと。

男子砲丸投 予選 雨宮巧選手

雨宮巧選手(あめみや たくみ・巨摩高2年)

 

‟平常心”で臨んだはずのインターハイは別世界だった。

 

関東大会では15m01をマークし4位。精神的にも鍛えられ自信を付けていた。

 

しかし、

1回目:12m13。

強豪たちの投てきを目の当たりにし、プレッシャーを感じた。「会場に呑まれた」


直前の練習は好調。

「こんなはずじゃない、早く記録を出したい」と思うばかりに、投げ急いでしまった。

 

2回目:13m63

3回目:12m83

 

予選通過記録(15m20)に届かず。

 

 

初めてのインターハイは、あっという間に終わった。

 

「気合いだ!巨摩高陸上部」(横断幕)

 

まだ2年生、来年の活躍を誓った。

 

 

 インターハイ・フォトリレー

 

 📷 📷 📷 📷 📷 📷 📷

 

甲府一高、新聞部・部長 志村敢人(かんと/2年)

 

卓球会場にて、「取材敢行中」

 

名高き「甲府一高新聞」9月号が楽しみです。

 

「百折不撓」韮崎高校

「山梨はひとつ」

「師弟も、 ひとつ」

「山梨陸協・保坂専務理事、祝福」・・・陸協も、ひとつ。

 

女子7種競技終了:「競技者も、ひとつ」

 

全員でヘンプヒル選手(前列中央、足裏が見える/京都文教高校/100mハードルと7種のチャンピオン)を讃える。

「5日間、お世話になった背中」山梨陸協・審判団・・・みんな、ひとつ。

「上手く、出ろよ」ピストルに、気持ちを込める。「夕陽のガンマン」

「変顔でもカワイイ」・・・これも、”想い”は、ひ・と・つ!「和歌山」

「報道対応隊」甲府昭和高校の皆さんに、感謝。

「強い男子」相洋高校(神奈川) 男子総合優勝に輝く。

「強い女子」東大阪大敬愛高校(大阪) 女子総合優勝です。
 

「光は 永久に 輝かん」

 

リンク集